中津川市地域総合医療センターは中津川市と名古屋大学との連携で、市民の皆様に信頼の医療と安心のケアを提供いたします

地域医療ジャンボリーを開催しました Vol1

平成27年9月12日(土) 13日(日) 中津川地域医療ジャンボリーを開催しました。

12(土)は、後期研修医のための「名大総診ポートフォリオ指導及びフィードバックの会(ACCEL)」と、恵那峡を望む蛭川地区の紅岩山荘で懇親会が開催されました。
今回の「ACCEL」は、当センターの後期研修医を含む名大後期研修医のほか、新城市民病病院の先生、金沢の医学部生の参加もありました。年々レベルが上がっているACCELですが、家庭医療専門医試験に合格した先生方の参加でさらに充実した会になりました。 

また、当センターで研修し、今回家庭医専門医試験に合格した先生の振り返りの発表もあり、嬉しい限りでした。

 2015_09_12_16_36_26[1] 中津川市健康福祉会館にて

 

 

 

 

 

紅岩山荘から恵那峡 木曽川を望む

20150912beniiwasannsou

 

 

 

===============================================================
*「ACCEL」は、日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医後期研修プログラム修了後の家庭医療専門医試験の受験申請に必要な詳細事例報告書(ポートフォリオ)の作成を支援する会です。家庭医療専門医後期研修中の方、将来家庭医療専門医の後期研修を考えている方、あるいは後期研修プログラムの指導医を担当されている方を対象に、年4回されています。
研修を地域に密着した場で行いたいと考えている方、大学病院、地域中核病院、診療所など様々な環境で総合医・家庭医の後期研修を行いたいと考えている方は、是非ご参加下さい。

地域医療ジャンボリーを開催しました。Vol2

地域医療ジャンボリー13日(日)は午前の部として地域保健医療福祉講演会、午後の部としてワークショップを開催しました。

 午前の講演会では 山崎 亮先生をお迎えし「健康で幸せなコミュニティをどう育てていくか」という演題でご講演を頂来ました。

保健医療福祉関係者および地域の住民の方々、約100名の方が参加されました。

2015zyannboriVOl2

2015zyanboriVOl4 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後のワークショップはコト場LAB代表中脇 健児さんをファシリテーターとしてお迎えし「幸せなつくるワークワークショップ」をテーマに40名の参加者が話し合いをしました。

中津川でやってみたいことをを気軽に自由に話しあう中でいろいろな発想が生まれることを体験でき楽しいワークショップになりました。 

センター通信9月号(H27.9)を発行しました

201411tayori

 

  センター通信9号を発行しました

  センター通信9号←こちらをクリック

全国オープン地域医療実習を実施しました

8月24日から28日まで長崎大学医学生さん1名が地域医療実習を行いました。

地域総合医療センター、地域総合ヘルスケアシステム寄附講座が診療支援、研究を実施している川上地区を中心に保健、医療、福祉の施設で実習を体験してもらいました。

遠いところまた台風の合間をかいくぐってやってきた学生さんはとても元気でスタッフもよい刺激を受けました。

 

IMG_1363

 

  診療所実習風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 IMG_1389

 

 

   訪問診療 

 

 

 

学生さんの感想はこちら→学生さんの感想

 

このサイトのトップへ