中津川市地域総合医療センターは中津川市と名古屋大学との連携で、市民の皆様に信頼の医療と安心のケアを提供いたします

メディカルキッズかわうえ2016を開催しました

7月23日(土)メディカルキッズかわうえ2016を開催しました。

毎年小学6年生を対象に各診療所、病院等で開催し今年で4年目になります。

23名の応募の中かから抽選で選ばれた12名の小学6年生が参加してくれました。

診察方法、エコーやレントゲン撮影などを体験し、親子で応急手当の講習を受けました。

参加者からは「心臓の音を聞いたり、本当に手当ができてうれしかったし、たのしかったです。もしまたあったらやりたいです。このことを忘れずにいたいです。」「お医者さんが病院でやっていること1つ1つに意味があって、患者さんのことを考えていることがすごかった。もっと医者になりたいと思った。」といった感想がありました。

20160723kaikaisiki    
           開会式    
20160723tyousinn 20160723dasinn  
       聴診器で心臓の音を聞く。    お腹を打診してみる。  
20160723kyuukan 20160723kyuukannketuatu  

   お腹がいたい人が車椅子で運ばれてきた!!

  お腹を痛がる患者さんの血圧を測ってみる。

  140-80と少し高めだ。

 
 20160723eko- 20160723X-P  

  診療所探検

  診療所内の医療機器を使っての体験。

  エコーでお腹を診てみる。

    脂肪肝がありますね。

  診療所探検  

  レントゲン撮影でいろんなものを

    撮影してみる。

  診療所はフィルムを現像して確認します。

 

 

 

   

 

 

センター通信7月号(H28.7)を発行しました

 

201411tayori

201607tayori

  センター通信7号を発行しました

  センター通信7号←こちらをクリック

 

恵那公衆衛生協議会総会で講演会を行いました

6月30日中津川市を所管する恵那保健所で恵那公衆衛生協議会総会が行われ当センター所属の稲垣医師が「総合診療の方法 腎臓のはたらきとCKD」と題して講演を行いました。

恵那保健所管内の医療、栄養、健康に関わる専門職や行政担当者が多数参加されました。腎臓の働きやCKDについて知識のない人でもわかりやすい内容だったとの参加者の感想が聞かれました。

  

 

 

inagakiDr.

 

 inagakidr.kouen

このサイトのトップへ