中津川市地域総合医療センターは中津川市と名古屋大学との連携で、市民の皆様に信頼の医療と安心のケアを提供いたします

センター通信 10月号を発行しました。

 

センター通信 10月号を発行しました。

センター通信10月号←こちらをクリック

H29年度 全国オープン地域医療実習を行いました。

平成29年8月28日から9月1日まで名古屋大学2年生医学生さん1名が地域医療実習を行いました。

地域総合医療センター、名古屋大学大学院医学系研究科総合診療医学講座が診療支援、研究を実施している川上地区を中心に保健、医療、福祉の施設で5日間の実習をうけてもらいました。

 

   
 川上診療所先生から説明を受けました。

医学部2年生なのですべてが新鮮です。

 

デイサービスセンターでみなさんとレクリエーションしました。

交流するのに時間が足りなかいくらい楽しかったです。

   
 先生と訪問診療に行ってきました。

 

 滝めぐりステキですね。付知峡に行ってきました。
実習最終日の昼食は郷土食の五平餅をスタッフみなさんといただきました。地域診療活動はスタッフ全員で取り組んでいるのですね。

 

 

 

←学生さんの感想はこちら。

H29年度 地域医療ジャンボリー ワークショップを開催します。

地域医療ジャンボリーを10月22日(日)中津川商工会議所ホールで講演会とワークショップの2本立てで開催します。

ワークショップでは、『あなたも参加 地元で安心して生活できるためのネットワークづくりワークショップ』と題しグループで講師(ファシリテーター)のもと参加者みんなで気楽な雰囲気で話し合いをします。

阿木地区では、各団体が集まってネットワークづくり『ごちゃまぜ会議』の取り組みを行っています。当日、取り組みの発表もあります。

どなたでも参加できますので、10月13日(金)までに中津川市地域総合医療センター(電話66-1111、FAX62-0058)申し込みください。

 

 

テーマ:「あなたも参加 地元で安心して生活できるためのネットワークづくりワークショップ」

講師:日高 ゆき 先生

Marginal研究舎代表 特定非営利活動法人ワークショップデザイナー推進機構理事

日時:平成29年10月22日(日)14:45~16:45

場所:中津川商工会議所ホール 1階

 

←こちらをクリックしてください。

このサイトのトップへ