中津川市地域総合医療センターは中津川市と名古屋大学との連携で、市民の皆様に信頼の医療と安心のケアを提供いたします

トップページ  >  日々の取り組み一覧  >  中津川地域医療ジャンボリーを開催しました。(Vol 3 ワークショップ)

中津川地域医療ジャンボリーを開催しました。(Vol 3 ワークショップ)

2014年10月8日

9月21日(日)午後からは「中津川市の医療・介護・福祉はどうあるべきか」をテーマにワークショップを開催しました。保健、医療、福祉、介護、行政、学生、住民等60名あまりの方々の参加がありました。

各グループに別れ地域総合ヘルスケアシステム開発寄附講座 松葉先生より今後の地域医療についての問題提起がありました。つづいて副センター長高橋先生によるアイスブレイクでマシュマロチャレンジを行いグループ全員力を合わせて高いタワーづくりに挑戦しました。各自グループのメンバーと打ち解けた雰囲気の中、テーマについて課題や問題点、その解決策を話合いました。

  

2014.9.21warkshop1

  

 

はじめに2025年に向けての地域医療についての問題提起を松葉先生より聞きました。

2014.9.21warkshop2

 

副センター長高橋先生からゲームの説明。スパゲティ、テープ、紐を使ってタワーを作ります。

限られた資源を使い高いタワーをみんなで作る。。そんなアイスブレイキングからグループの話合いは始まりました。

 

  

20140921warkshop4

2025年問題に向けて何が必要か。テーマに向けて議論が深まります。 

  

 

 2014921warkshop3

具体的な対策について発表。いろんな考え、アイデアが出されました。 

 

 

このサイトのトップへ