中津川市地域総合医療センターは中津川市と名古屋大学との連携で、市民の皆様に信頼の医療と安心のケアを提供いたします

中津川市民病院糖尿病委員会 院内研修会について

当センターが支援する中津川市民病院総合診療科では、糖尿病委員会をお手伝いさせていただいています。
 
去る4/15(火)、糖尿病委員会主催で、院内研修会「糖尿病の血糖管理とエンパワーメント」を行いました。
新人含め看護師、薬剤師、検査技師、栄養士など40名以上の方が参加され、エンパワーメントをもとにしたコミュニケーションスキル、ワーク(振り返り)、ロールプレイ(寸劇)を学びました。
 
中津川市民病院では、糖尿病などを専門にする内分泌代謝内科が非常勤体制となって久しいですが、皆様の関心の高さが伺えました。
 
5/14(水)15:00~、総合診療科にて、市民、患者・家族対象の、糖尿病教室応用編「糖尿病について」をさせていただきます。
皆様、是非こちらもご参加ください。
20140415

地域総合医療センター通信(H26.3月号)を発行しました。

201403tayori
地域総合医療センター通信H26.3月号を発行しました。こちらからご覧ください

認知症講演会を開催を行いました。

平成26年3月19日(水)蛭川地区の蛭子座(蛭川公民館)で、地域包括支援センターのご協力のもと、当センター後期研修医による認知症講演会を行いました。

約60の方にご参加いただきました。質疑応答ではいろいろな質問があり、関心の高さが伺えました。

またこのような機会がありましたら、是非よろしくお願いします。
2014_03_19_14_39_59_thumb

健康教室を開催しました。

=== 阿木地区の高齢者を対象に健康教室を開催しました ===

 
平成26年1月28日阿木診療所にて在宅介護支援センターシクラメンの施設職員の方々の協力の元、阿木地区の高齢者を対象に健康教室を行ないました。

今回の演題は「インフルエンザ」についてでした。

阿木地区においてインフルエンザワクチン及び肺炎球菌ワクチンの接種率が上がり、少しでも冬場の肺炎で苦しむ方が少なくなれば幸いです。 ( 中津川地域総合医療センター 医師 丹羽智彦)
IMG_20140128agikenou_thumb

メディカルキッズかわうえを開催しました

=== 医師体験プログラム「メディカルキッズかわうえ」を開催。 ===

 
平成26年2月22日(土) 国民健康保険川上診療所において、子供たちが医師の仕事を体験する「メディカルキッズかわうえ」を開催しました。この体験プログラムは当センターが名古屋大学医学部の共催を得て実施したものです。当日は川上地区の小学生高学年を中心に8名の子供たちがプログラムに参加しました。
 
メディカルキッズ研修医として模擬患者さんのメディカルチェック、診察を行い診断をしたあと、診療所内の医療機器の見学や救急救命の講習を受けました。
 
又、中京学院大学看護学部、愛知学院大学薬学部等、名古屋私立大学の先生や学生さんたちのボランティアがあり、実施後反省会でも今後の取り組みに参考となる意見や感想もたくさん出て、センター、大学、行政の交流の場となりました。
 
患者さんが腹痛を訴え来院。まずはメディカルチェック。さっき練習したけれどうまく聞こえるかな。
IMG_tyousin
 
メディカルチェックや診察の結果をカルテに記入。
何の病気???
その後キッズ研修医に無事診断を受けた模擬患者さんは救急車のサイレン音とともにどこかへ。。。
手術の出来る大きな病院へ搬送されたそうです。
IMG_mogikannzya
 
レントゲンに骨以外の何かが写っている!
IMG_rentogen
 
薬の分包を体験。今回分包する薬はみんなの元気になるラムネでした。
後から安藤センター長より服薬指導がなかったと注意。
「コーラと一緒に飲まないこと。泡がたくさんでて大変なことになる」
IMG_yakuzai
 
親子で救急救命講習。反省会で「自分の勉強になった。」と学生ボランティアさんから意見がでました。
IMG_AED
 
修了証書を手に全員で記念撮影
IMG_zenninn

地域総合医療センター通信(H26.2月号)を発行しました。

201402tayori
地域総合医療センター通信H26.2月号を発行しました。こちらからご覧ください

地域総合医療センター通信(H26.1月号)を発行しました。

201401tayori_img

地域総合医療センター通信H26.1月号を発行しました。こちらからご覧ください

糖尿病療養指導について講演会を開催しました

2013_11_27_Dr_okazaki講演会
去る11/27(水)、中津川市民病院において、当寄附講座講師、センターの岡崎先生による「糖尿病教育教育入院看護のコツ 糖尿病療養指導におけるコミュニケーションの可能性」を講演いただきました。
看護師、栄養士、リハビリなど40名ほど方が参加いただき、積極的な質疑応答がありました。 市民病院における糖尿病に対する関心の高さが伺えました。
当センターでは、多職種の医療スタッフの学習、研修活動をサポートしております。また機会がありましたら、是非よろしくお願いいたします。

中津川市民病院総合診療科で学生実習を行いました

去る11/18(月)~11/29(金)、名大医学部5年生が、名大関連病院実習として、当センターが支援する中津川市民病院総合診療科で実習を行いました。
 
この2週間、総合診療科だけでなく、公立診療所(川上、阿木)、デイサービス(川上、坂下)、福祉施設、健康医療課~高齢支援課などいろいろなフィールドで、多職種と関わりながら、実習をしてもらいました。
また、総合診療科による市民病院の「成人看護フィジカルアセスメント勉強会」や、当センターの岡崎先生による勉強会「糖尿病教育教育入院看護のコツ」にも積極的に参加してもらいました。
 
実習にご協力いただきました関係者はもちろんですが、ご協力いただきました患者様、施設利用者の皆様に、ここに改めて当センターよりお礼申し上げます。ありがとうございました。
 

~学生より皆様へのお礼と共にメッセージを預かっていますので、ここにお知らせいたします~

“最近、地域医療や高齢者医療、多職種連携に興味を持ち始めた自分にとって、またとない素晴らしい実習となりました。現場に行き、直接話すことで「地域性」を強く実感できましたし、環境次第で患者の数だけアプローチ方法がある高齢者医療の実際を垣間見ることができました。なにより、真の意味での多職種連携の大事さを経験できたのは、本当に嬉しかったです。素晴らしい2週間をありがとうございました。”
2013_11zisyuVol22013_11zisyu

地域総合医療センター通信(H25.12月号)を発行しました。

2013_12tayori
地域総合医療センター通信H25.12月号を発行しました。こちらからご覧ください

次ページへ »

このサイトのトップへ