中津川市地域総合医療センターは中津川市と名古屋大学との連携で、市民の皆様に信頼の医療と安心のケアを提供いたします

中津川市地域総合医療センターを開設

img01-300x225中津川市は名古屋大学医学部附属病院総合診療科に協力をいただいて、平成23年4月4日(月)に「中津川市地域総合医療センター」を開設しました。
 同センターでは、地域医療に携わる医師を育成する基盤づくりを行い、総合医を志す医師が全国から集まるようなセンターをめざしています。このような、官学連携による地域総合医療センターの設置は全国でもはじめてです。
 今年度、名古屋大学医学部附属病院総合診療科より、常勤医師1名、非常勤医師3名が中津川市地域総合医療センターに派遣されました。
 地域総合医療センターに所属する医師を市民病院などに派遣することにより、
 
①市民病院に、総合診療科ができました。
 かかりつけ医からの紹介の窓口機能を担います。
②川上診療所と阿木診療所の診療日(時間)が増えました。
 平成23年度は、国保川上診療所が週0.5日、阿木診療所は週1日診療日が増えます。
 阿木診療所は今までお願いしている医師の分の2日と合わせて週3日となります。
③将来的には所属する医師が、地域の現状調査、ニーズの把握等を行い、医療知識をベースに、保健、医療、介護を連携させた一体的なサービス(地域包括ケア)を提供できるよう、研究をしていきます。

平成23年4月1日 報道発表

中津市は名古屋大学医学部附属病院総合診療科に協力をいただいて、「中津川市地域総合医療
センター」を設置します。つきましては開所式を、4月4日に行います。
同センターでは、地域医療に携わる医師を育成する基盤づくりを行い、総合医を志す医師
が全国から集まるようなセンターをめざしています。
このような官学連携による地域総合医療センターの設置は全国でもはじめてです。
 
報道発表資料

このサイトのトップへ